人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 “て・あーて塾” 総合基礎講座を開講いたします

第1回 “て・あーて塾” 総合基礎講座を開講いたします。
(主催:一般社団法人日本て・あーて推進協会 共催:健和会臨床看護学研究所)

みなさまのご参加をお待ちしております。
概要は下記の通りです。   

------------------------------
第1回 “て・あーて塾” 総合基礎講座
■期間: 2014年2月から7月まで、毎月1コース(2日間)全6コース
■参加費: 1コース 3万円、全コース 15万円(前納)
■修了証: 全コース修了者には、「て・あーて塾修了証」をお渡しします。
■会場: 足立区千住仲町14ー4 介護福祉専門学校5階講堂他
■参加受付人数: 先着50名
■最終締め切り日: 1月31日
------------------------------

 “て・あーて塾” 開講に寄せて
聴き、触れるエキスパートへの道

痛む場所に手を当てそっと擦る、苦しむ人の手を握るなど、”手”を用いたケアは、医学の進歩以前から、人間の自然の営みの中で自然に用いられて来ました。
看護の歴史をひもといてみると、「患部をさするとか、痛むからだをやさしくもんだり、温めたり冷やしたりなどの行為の中に、やさしい思いやりや愛情・希望が表現されていた」との記述があります。

また、その人にしっかり向き合ってじっくり話を聴くことにより、苦痛や不快、不能にからむ不安がかなり軽減することは、これまで多くの医師や看護師の経験知となっていたはずでした。
ところが、医療技術の高度化と効率性追求の医療現場では、このようなごく人間的なアプローチが次第に姿を消しつつあることを感じます。「医師は聴・打診をしなくなった」「看護師は全く触れてくれない」という声も多く聞きます。

医療や看護の大前提が患者さんの生命の安全はもとより、これを保障するためのシステムや技術の安全性を維持することは申すまでもありません。そのため、あってはならない医療事故を防ぐためのリスクマネジメントが普及し、アクシデント・インシデントレポートが、義務づけられるようになりました。

ところが昨今の医療現場では、この『医療安全』を大義名分にして患者さんの心身の自由を奪っているような場面も少なくありません。
本来看護技術の基本の柱は、「安全性と安楽性」であったはずです。つまり、安楽性の考え方もこれを実現するための方策も軽視される傾向にあります。看護の専門性が、病気や障害・高齢の如何を問わず,症状の軽重に関わらず「気持ちよく苦痛がないこと」、「人間らしく、その人らしく生きていくこと」を支えることだとするなら、このままでよいとは思われません。
高齢化、重症化の進む医療現場でも、家で最期を過ごしたいと願う人びとの暮らす在宅でも、看護が看護らしくあるためには、”聴く”“触れる”を大切にした安楽な人間尊重ケアへの回帰が、求められます。

そこで、“て・あーて塾”では、習熟した手のわざを身につけ心から聴けるエキスパートを目ざします
改めて生活行動の援助の価値づけを問い、看護師が看護に専念できる確かな根拠を身につけて、(狭義の)医療とは違った看護本来のあり方を実践できることが、看護の受け手の方たちへの貢献になると考えるからです。
基本的な安楽の概念と、これを担保する上での生活行動の意味と価値づけについて学び、安楽を図る優れた手技の理論と実際に関して学ぶ予定です。
時代や社会の要請に応えるために、ガン患者の緩和ケア、認知症高齢者の緩和ケアに必須の知識も学ぶ予定です。一方的な授業だけではなく具体的事例を取り上げ、みなさまの臨床知を交流する演習も行いたいと思います。

今の現場を何とかしたいと願う看護師のみなさん、また、職場に再復帰してみたいと願う看護師のみなさんの積極的なご参加を期待します。

【プログラム】
コースⅠ  
 2月14日(金) 患者の尊厳を守る基本─安楽性概論と生活行動援助論  川嶋 みどり (健和会臨床看護学研究所・所長)
 同 15日(土) 癒やしに活かす手の力─理論編 山口 創 (桜美林大学リベラルアーツ群)

コースⅡ
 3月28日(金) 安楽なポジショニング 窪田 静 (愛媛県立医療技術大学保健医療学部看護学科)        
 同 29日(土) 瞑想とリラクセーション 小板橋 喜久代 (群馬大学 名誉教授)

コースⅢ  
 4月19日(土)  食べるを促す手 排泄を援助する手(授業・演習)  宮城 恵里子 (健和会臨床看護学研究所)
 同 20日(日)  触れる手、気づく手 尾崎 フサ子 (元佐久大学)

コースⅣ
 5月23日(金) 生活行動援助の治癒的側面  長谷川 美津子 (てあーて推進協会) 
 同 24日(土) 古代ギリシャの死生観とケアの本質(仮) 平田松吾 (東邦大学看護学科人文科学教授)

コースⅤ  
 6月20日(金)  ガン緩和ケアに活かすて・あーて 小野寺 綾子 (てあーて推進協会) 
  同 21日(土)  認知症高齢者の言葉を聴く力 講師未定(交渉中)

コースⅥ
 7月11日(金) 安楽を図ること-“て・あーて”の創造・実践・普及 川嶋 みどり  
 
  同 12日(土) まとめの討論

056.gif■■お申し込み■■
申し込み先: 健和会臨床看護学研究所 〒120-0022 東京都足立区柳原1-29-16
担当: 宮城 Email  kenwa-rinkanken@nifty.com
          FAX 03-5319-7396
申し込み方法: ①氏名②性別③看護師経験年数④勤務先名称⑤連絡先(Emailアドレス) 
を記載し、メールもしくはファクスでお申し込み下さい(上記アドレス)。
申し込み後、振り込み先をご案内し、振り込み確認をもって受付終了といたします。

# by korekaracare311 | 2013-10-28 13:25 | イベントのお知らせ  

川嶋みどり代表と語る会を開催しました

10月8日(火)18:00から、日本て・あーて,TE・ARTE,推進協会の拠点である「て・あーて東松島の家」にて、当法人の川嶋みどり代表と語る会が開催されました。

開始時間には、辺りは真っ暗。駐車場の入り口がわかりづらく、なかなか会場にたどり着けず苦労された方もいらっしゃいました。
分かりにくい場所にも関わらず、石巻医療圏の看護職の方々25名が参加してくださいました。遠くは雄勝からも。

<お・も・て・な・し>
仮設住宅でのお茶っ子を開催しているメンバーの
心をこめたおもてなしで、1日の仕事を終えた参加者を迎えました。

玄関には、季節の花でお出迎え
川嶋みどり代表と語る会を開催しました_d0250505_15162185.jpg
玄関に飾ってある絵画は代表の友人から頂いたもの
「被災地に舞い降りたバレリーナ」
川嶋みどり代表と語る会を開催しました_d0250505_15163195.jpg










川嶋みどり代表と語る会を開催しました_d0250505_1518629.jpg
席に着いた参加者の皆様に「まずは一服」と、お抹茶を。
お菓子は、程良い甘さの黒糖まんじゅうとみすずあめ。
「何年ぶりかしら?」と久しぶりのお抹茶を堪能された方も。



川嶋代表からは「て・あーて(TE・ARTE)の心とわざ」と題して話がありました。川嶋みどり代表と語る会を開催しました_d0250505_15191422.jpg
その一部を紹介いたします。

私たち看護職の「手」は、身体の状態をアセスメントすることも、
不安な気持ちをやわらげ、苦痛を緩和することもできる。
手で触れることは極めて有用なケアである。
けれど機械化、効率化が優先される近年の医療現場ではその機会が減った。
警告を発したのは、3.11。
一方で、スキンハンガーが増えている状況もある。
改めて、治療や看護の基本であった手を用いたケアの価値を見つめ直し、人間が人間をケアする基本に「て・あーて(TE-ARTE)」を位置付け、その心を表現し、わざを提供できる場として
「て・あーて東松島の家」を位置付けようと思っている。


川嶋みどり代表と語る会を開催しました_d0250505_15213852.jpg
皆さん、熱心に聴いて下さっていました。
久しぶりに会った方々の笑顔や、緊張のとれた表情や感謝の言葉に、この間のできごとを振り返り、感概深いものがありました。




これからの活動へのご協力を申し出て下さったり、次の企画に地域の看護師を連れていくと言って下さったり、癒しと夢の時間をいただいたとの感想もいただきました。

この日は未だ夏のようでしたが、季節と同様、収穫の大きい集まりとなりました。

(事務局:宮城恵里子 記)

# by korekaracare311 | 2013-10-23 15:10  

なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」

 なでしこ茶論は、2年前の平成23年9月17日にスタートしました。
 今回、37回目のなでしこ茶論は2周年の記念すべき日。
 腹話術手習い中の当会Y理事が、ぜひ夢と笑いを届けたいとデビューの決心をしました。

 こども達も参加しやすいようにと、土曜日の開催にしました。
 こども達の参加があるかどうか心配でしたが、仮設住宅に到着すると、談話室の前にこども達が集まり遊んでいました。
 楽しみにしていたようで、準備の様子を覗いたり、遊びながら待っていました。
 

第1部 腹話術「なでしこ茶論2周年おめでとう」
 茶論は14:00にスタート。
 こどもの参加者は6名(4歳1名、7歳2名、9歳2名、10歳1名)。お菓子をもらって嬉しそうに入場です。
 いよいよ腹話術人形のポコちゃんが登場。「かわいい」「あっ目が動いた」「わぁ、すごい」と拍手で歓迎。
なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_1041979.jpg
 ポコちゃんの第一声は、「おしょすい(恥ずかしい)」でした。
 大人もこどもも「おしょすいだって」と笑い声。

 その後の「めんこい」「じょんだ、じょんだ」の方言に、会場がとてもにぎやかになりました。ポコちゃんの「お近づきの印です」にまたまた笑い声。方言で会場の空気が一気に和みました。

 ポコちゃんのあいさつと自己紹介。
 ポコちゃんが7歳と聞いて、年が近いこどもたちは「7歳だって」と嬉しそうでした。
なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_12513849.jpg

 2周年記念のお祝いの歌として、ポコちゃんから
 <むすんでひらいて>
 <どんぐりころころ>
 <浦島太郎>
 の3曲がプレゼントされました。<浦島太郎>は全員で合唱しました。
なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_10481083.jpg
 ポコちゃんと握手の時間では、こども達が嬉しそうに前に出てきました。

 ポコちゃんから一人ひとり名前を呼ばれ、「元気?」「かっこいいね」「おりこうさんだね」「かわいいね」など声をかけられて、とても嬉しそうに笑顔で握手をしていました。


 人形の回りに集まり「目が大きいね」「まつ毛がすごく長いね」「口の中はどんなになっているの?」などと、初めて見る腹話術人形に興味を持って、頭や頬をなでていました。
 毎回出席の70代のOさんも「かわいいね、かわいいね」と言いながら握手、ポコちゃんの頭や頬をなでていました。
  
なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_10524158.jpg


第2部 腹話術 「老化現象」
 第1部が終了し、子どもたちが帰ったあと、大人のお茶っこタイムとなりました。

なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_1145758.jpg 第1部の腹話術を見ていない人が何人かいましたので、急遽、大人向けの内容で腹話術を行いました。テーマは「老化現象」。

 日常生活の中で、物を失くしたり、忘れたりがひどくなっていること、冷蔵庫に財布を入れてしまったこと、シルバー川柳の「万歩計、半分以上が探し物」が毎日になっていることなど。

 よくある老化現象の様子を織り交ぜながらのポコちゃんとのやり取りに、心当たりのある参加者は、「本当にそうだよね」「あるある」「私も同じ」と笑いながら楽しんでいました。

なでしこ茶論2周年 「腹話術を楽しもう! 」_d0250505_1183341.jpg 腹話術が終了、ポコちゃんが参加者に話しかけると皆さんが笑顔になり、質問に答えてくれていました。ここでも笑顔、笑顔でした。

 2周年のなでしこ茶論、参加者の皆さまに腹話術で楽しんでもらうことができました。




今回、腹話術のデビューをしたY理事の感想:
 なでしこ茶論2周年の記念日にデビューできて良かったです。私にとって記念の日になりました。みなさんの笑顔を見て、とても嬉しかったです。またポコちゃんを連れて来たいと思います。

# by korekaracare311 | 2013-09-17 10:38  

クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る

昨年のオイキムチに続き、今夏も「皆と一緒に美味しく食べる」企画をしました。
川嶋みどり代表の少女時代の夏の定番メニュー、思い出の「炸醤麺」。
食欲が落ちる時期に、お母様が作ってくださったとか。
…ということで、「みどりまぁまのクッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る」です。

クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る_d0250505_1644877.jpg
鍋にゴマ油をひき、ニンニク、生姜を加え、香りが出るまで炒めます。
挽肉、椎茸を加え、火が通ったら味噌、酒を加え、混ぜ合わせます。
味噌は、仙台味噌がいいですよ~




クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る_d0250505_16444346.jpg
茹で麺を皿に盛り、茹でたもやし、千切りキュウリ、晒した長ネギ、茹で卵をトッピングします。




クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る_d0250505_1645353.jpg


炒めたお味噌をのせ、出来上がり!







クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る_d0250505_16514685.jpg
楽しく、美味しく頂いた後は、栄養のお話。
もやしはイライラに効く、味噌は身体によい、生姜は冷え防止など。
何より「楽しく食べること」が身体に一番!
免疫力も高まります。



今回は、20名近くの皆さんが参加して下さいました。クッキング教室: 炸醤麺(ジャージアンミエン)を作る_d0250505_16453788.jpg
最後は記念写真。

先生また来てね~!
(住民の皆さんの声でした)

# by korekaracare311 | 2013-07-16 14:41  

組織名称変更のご挨拶

“東日本これからのケア”は、“一般社団法人 日本て・あーて,TE・ARTE,推進協会”
(略称:て・あーて推進協会)として新たな一歩を踏み出しましたことを、遅ればせながらご報告いたします。

思えば、長年の経験知をもとに、中長期を視野に入れながら小さな活動を立ち上げたのは、
2011年、未曽有の大震災が発生したあの年の夏のことでした。
メンバーたちは、2年余の実践から得た教訓を活かしながら、住民のケアニーズに添った「何か」を、地域完結型で定着させなければならないとの思いを、今もなお強く持ち続けています。

石巻河北地区での”ハウスて・あーて”創設計画は、用地の入手から建築に至る諸費用をはじめ、現地の人的諸条件から見て実現可能性の道程の遠さが次第に明らかになりました。
しかし、夢を捨てたわけではありません。この5月に、この地区で訪問看護ステーションを開設した看護師たちの活動が、きっと、当初の目標を実現する基礎になることでしょう。

そうした中、隣接の東松島市の矢本町に手頃な賃貸物件が見つかりました。
一部メンテナンスを行い、ここをケア拠点 ”て・あーて 東松島の家”として位置づけることにしました。この地は、東松島市の中心から遠く離れていますが、石巻市の医療圏とも重なっていて、かなり幅広い活動を行うことができると思われます。

目下、地域のニーズ把握と行政との連携の可能性を模索しながら、具体的な活動計画の検討中です。
被災支援に始まったこの活動が、超高齢社会での地域包括ケアシステムの具体化への助走となると思えば、予想される幾つかのハードルを超える力にもなると信じています。

“東日本これからのケア”へのご支援を謝し、重ねて“て・あーて推進協会”をどうぞよろしくお願いいたします。

“て・あーて推進協会”代表
川嶋みどり


組織名称変更のご挨拶_d0250505_1517443.jpg

ケア拠点となる、て・あーて東松島の家

# by korekaracare311 | 2013-07-02 15:13