人気ブログランキング | 話題のタグを見る

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_15464392.jpg6月21日は台風の動きを気にしながらの出発でしたが、陸前山王は曇り空でした。
湿度が低く、爽やかさを感じながら仮設住宅に向かいました。

いつもより1時間早い時間に集会場に到着した時にはすでに机が並べられ、24個の牛乳パックで悪戦苦闘しながら作成した、6角形の椅子の土台が準備されていました。

今回は、牛乳の空きパックをきれいに洗い、乾かしたリサイクル用の牛乳パックで、椅子作りにチャレンジしました。
                                  

椅子作りの準備 ー東京在住の支援者たちの陰の力に感謝
牛乳パックを6角形にして強度を高め、座り心地のよさには綿が必要と蒲団屋さんへ。
蒲団屋さんは閉店準備中でしたが、
「大震災の被災者のみなさんと牛乳パックで椅子を作るために綿が必要」と説明すると、
なんと、「じゃあ、差し上げましょう」!

平田さん、村田さん、谷口さん、河田さんの4人が平田さん宅に数回集まり、
布を集め柄合わせしたり、、縫ったりしてくれました。
被災者のみなさんのためにと思うと嬉しく、楽しい一時だったとのこと。

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16323019.jpg●作業手順の打ち合わせ 
牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16325080.jpg








●完成した椅子カバーの配送準備










牛乳パックで椅子作り ー完成を目指して!

仮設のみなさんが悪戦苦闘しながら、完成させた6角形のパック。
それを眼にした平田さん、「よくできている~」と感動の一声。

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16271481.jpg牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16281362.jpg
●24個の牛乳パック同士を布テープで貼る   ●6角形のパックを、布テープで貼って形を固定

6角形のパックの補強をし、布テープで貼り終えたら、次はカバー選び。
それぞれ好みの柄を選びます。

さぁ~どの柄の椅子にすっぺかなぁ~

「最初はグゥー ジャンケンポン!」で勝った順番で柄を選びました。

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_1641217.jpg●下の部分に布を貼り、布テープを貼る


牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16415890.jpg







●6角形の角を意識してカバーを被せる










平田さんの作業手順の説明を、みなさん、真剣な眼差しで聴きます(その姿は本当に素敵!)。
お裁縫の上手な方、苦手な方も完成を目指して頑張りました。
                          

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16443783.jpg●カバーを縫い合わせる
牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16451846.jpg









「この柄は、妻が若かったときなぁ~、好きで着ていたもんだぁ~」
若かった頃を思い出しながら語る男性。幸福な奥さんですね!

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16472425.jpg
牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16491461.jpg






完成した牛乳パック椅子。
座り心地は・・・「ピース!」

牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_16464622.jpg
完成した椅子を前に、達成感が溢れています。

お茶っこと紙芝居
途中でお茶っこタイムに、紙芝居を行いました。

紙芝居の題目「わたしのことり」は、日本野鳥の会による“ヒナを拾わないで”というメッセージの一環として作られたお話です。
落ちているヒナを見つけたら、手を差しのべずに見守ってほしいという物語。
牛乳パックで椅子作りにチャレンジ_d0250505_10244796.jpg


椅子作りを終えて…
今回の牛乳パックの椅子作りには、1個の牛乳パックを三角柱にする作業などに四苦八苦しましたが、みなさんの共同作業で、見事に完成しました。

そして東京在住の4人の支援者が、椅子のカバーや他の物品の準備などをしてくれたお陰で、
予定時間内で終えることができました。

「被災者のみなさんを支援したい気持ちを持っていても、どうしたらいいのだろう」と思っていた平田さんたちが考えたのが、今回の椅子作りの企画です。
仮設のみなさんと一緒に作業しながら、みなさんの息の合った作業の見事さに感動しました、と語ってくれました。

次回は、みどりおばさんの料理教室「じゃじゃ麺」を計画しています。
みなさんの参加をお待ちしています。

# by korekaracare311 | 2013-07-01 16:04  

新茶の香り~♪♪


新茶の香り~♪♪_d0250505_16164882.jpgゴールデンウェーク明けの7日は、肌寒くどんよりした日和でした。

ちょうど2年前のこの時期に、この仮設住宅への入居が本格的に始まったと聞いています。
最初の計画から言えば、仮設住宅は2年のはずが、もう3年も。

皆さんのモチベーション維持をどのようにサポートできるかが、課題です。

新茶の香り~♪♪_d0250505_1618545.jpg
新茶の香り芳しく♪♪
新茶を持参いたしました。
残念ながら香りが伝わりませんが…
そして、お茶に合わせたお菓子。
好評でした。






牛乳パックを使った椅子作りのために、皆さん、黙々と打ち込んでいらっしゃいました。
次回、仕上げ段階に入れるようにと、私たちメンバーも必死。

作業の疲れを癒すための水分補給という感じで、せっかくの新茶をゆっくり味わえなかったのが残念でした。皆さま、お疲れさまでした!!
新茶の香り~♪♪_d0250505_1619475.jpg

# by korekaracare311 | 2013-05-17 16:13  

肌が甦る! 「肌つまみ」

肌が甦る! 「肌つまみ」_d0250505_1515501.jpg
4月26日は、西から東への強風、雷雨など荒れ模様の天気予報でしたので、それなりの覚悟をして行きました。
時々車中の窓ガラスに大粒の雨が飛んでくるのが見えましたが、
陸前山王駅に着く頃には、小雨で時々強い風が吹く程度で、無事に仮設住宅に到着しました。

ところが数分前には、仮設住宅付近には雷鳴と稲光が襲っていて「怖かった~」と聴きました。
タイミングよく雷鳴にあわなかったようで、ほっとしました。

肌が甦る「肌つまみ」

20歳を過ぎると「肌の曲がり角」と云われ、年齢を重ねるごとに、顔のシミ、シワが気になります。
老化現象だからと、諦めていませんか?

今回のなでしこ茶論、
人生いつまでも「いきいきと若々しく、美しい肌を目指して」肌つまみを計画致しました。

皮膚をやさしくつまむことで血液、リンパの流れが良くなり、
肌が甦り、ツヤとハリのある、若々しい肌に変わると云われています。

肌が甦る! 「肌つまみ」_d0250505_1516850.jpgまずは、目尻のつまみから。
親指と小指で肌を軽くつまみましょう!
皮膚を引っ張ると肌を傷つけてしまうので気を付けて。







肌が甦る! 「肌つまみ」_d0250505_15161973.jpgお次は、目尻、頬、顎、首筋をリンパ液の流れに沿って肌つまみを行いました。
顔全体の血液の流れが良くなり、温かく感じられ、みんな若々しくなった顔、顔・・・・・






肌が甦る! 「肌つまみ」_d0250505_1516347.jpg最後は、思いっ切り背伸びして終了。
人生いつまでも若々しく、いきいき楽しい生活を目指しましょう。
          
                         








肌が甦る! 「肌つまみ」_d0250505_15165160.jpg6月に計画している「牛乳パックで作る椅子」の準備にも取り組みました。

牛乳パックの切り方で四苦八苦…
サンプルを見ながら、
「こうかしら、それとも△の形のところは、ここをはさみで切るのかなぁ~」
 






仮設住宅の生活は、3年目に入りました。
皆さん、我慢と辛さに耐えながらの生活を強いられています。
一日でも早い復興住宅の建設をと、願っています。

# by korekaracare311 | 2013-05-07 14:44  

春を奏でるハーモニカ   

3月22日、仮設住宅には柔らかな日差しが降り注ぎ、
春がそこまで来ていると感じられました。

春を奏でるハーモニカ   _d0250505_1432544.jpg今回のなでしこ茶論のゲストは、
10数年間ハーモニカサークルで演奏活動をしている長谷川陽子さん。
長谷川さんのハーモニカに合わせて、皆さんで合唱をしました。

[ハーモニカを吹くための豆知識]
ハーモニカを吹くには、しっかりとお腹を使って吸ったり、吹いたりの腹式呼吸が必要です。
腹式呼吸がきちんとできないと、ロングトーン(音を長く出す)になりません。
息が続かず音が途切れて、きれいな音色にならないそうです。
腹式呼吸は様々な健康法に用いられていますが、効果的に行うことが大事ですね。

春を奏でるハーモニカ演奏
                   
春を奏でるハーモニカ   _d0250505_14395880.jpg
ズボンのベルトにハーモニカを数本身につけて、
楽曲に応じ、使い分けて演奏します。

ハーモニカには、沢山の種類があります。
大きさ、音程(高い、低い・・・)、
それぞれ特長があります。




春を奏でるハーモニカ   _d0250505_14423739.jpg
「春は名のみの風の寒さや.♪    
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず♪」

早春賦を聴きながら
雪解けの春を待つ情景が浮かびます。

この曲は1913年(大正2年)発表され
唱歌として歌い継がれている叙情歌です。

参加者の皆さんで、「春の小川」「おぼろ月夜」「さくら」「四季の歌」などなど、
若い時代に歌った思い出に浸りながらの合唱になりました。

春を奏でるハーモニカ   _d0250505_1447151.jpgここで、茶論でのちょっとしたエピソードを。

合唱を終えると
「昔ね、好きな人がいたの! でも結婚できなかった」
「でも、今の主人と添えて(結婚できて)良かった・・・」
幸福そうに語ったのは、先日92歳の誕生日を迎えたSさん。
2日遅れのハッピ―バースデーを歌でお祝いしました。



春を奏でるハーモニカ   _d0250505_14475335.jpg
蕗のとうを生けました。
仮設住宅の皆さんに、春を感じていただけたでしょうか。

# by korekaracare311 | 2013-04-02 14:28  

血管を若返らせましょう!

血管を若返らせましょう!_d0250505_11153567.jpg3月5日は、土中に冬ごもりしていた虫が、陽気に誘われて
はい出るという二十四節気の「啓蟄」。
今冬の厳しい寒さで梅の開花が大幅に遅れていますが、
陸前山王駅から山王仮設住宅へ向かいながら、陽光穏やかな中に「啓蟄」を感じ取りました。     

血管を若返らせましょう!
今回のテーマは「血管を若返らせましょう!」です。
冬の間の運動不足や野菜不足になりがちな日常生活を点検し、
さらに若々しく健康に生きよう、ということで計画しました。

まずは座学から…
血管を若返らせましょう!_d0250505_1116185.jpg
【血管若返りについて】       
1. 血管老化に要注意な人とは
2. 血管若返りの生活習慣
3. 血管若返りの栄養素        
4. 血管若返り物質とは
                    

「持病の糖尿病があるから気をつけなきゃねー」
「タバコは悪いんだよね、でもやめられないなー」
「葉酸って水に溶けやすいって聞いたけど、どうしたらいいの?」
「血圧は毎日ではないけど、仮設住宅での健康相談で定期的に測っているからわかる」
「食べる順序で血糖値が違うのは知っているわー」
など、自分の日常生活と関連させて話し合いながら学びました。

次は、いよいよ、エクササイズの実演です。  
          
血管を若返らせましょう!_d0250505_1120910.jpg皆さんで楽しみながら、実際に行ってみました。
「これで血流が増えるのー、やれそうだわね」
「私、あら、足が届かないわー」「私は届くよー」
「右は付くけど左がダメだわ―」
「つま先で立つのはしやすいけど、踵で立つのはやりにくいわねー」
「あぁ、何回かやっていたら、ついたわ」

他に、日赤看護大学の資料を参考に、「健口体操」=口の運動なども行ってみました。

川柳でひと息
運動後のお茶っこは、『シルバー川柳』からの作品を読みあげて、
     《 このごろは  話も入れ歯も  噛み合わず 》
     《 名が出ない  「あれ」「これ」「それ」で  用を足す 》
     《 妻旅行  おれは入院  ねこホテル 》
     《 介護して  ふたたび芽生える  夫婦愛 》

血管を若返らせましょう!_d0250505_11251433.jpg

「わかるわかる、あれ・これ・それ」
「忘れ物も多くなるし」
「この前見たよ、トランプができるくらいの診察券っていうのがあった」
「おもしろしねー」
と笑いながらのお茶っこでした。
         

■引用文献
社団法人全国有料老人ホーム協会、ポプラ社編集部:シルバー川柳,ポプラ社,2010.

# by korekaracare311 | 2013-03-08 11:06